自らを受け入れる

自分にとっての正解が誰かにとっては不正解だったり、
誰かにとっての正解が自分にとっては不正解であったりする。
そのことが分かっていれば、正解は人の数だけあるのだから、
「みんな違ってみんな良い」と素直に思えるのではないか。